筋トレのモチベーションを維持する名言集

ボディメイクをするためには筋トレを継続して積み重ねていく必要があります。
しかし、筋トレのモチベーションを維持し続けるのは難しいです。
今回は、モチベーションが上がらない人やくじけそうになった時のために筋トレに関する名言を紹介します。
  1. モチベーションがアップする名言集
    1. 筋肉を鍛えることは、 いまや単なる趣味やレクリエーションではなく、『将来的に大きなリターンを生む自己投資』である
    2. 挑戦すれば、成功もあれば失敗もあります。でも挑戦せずして成功はありません。何度も言いますが挑戦しないことには始まらないのです
    3. 君の体がよく鍛錬されていて、自分に自信があれば、君のことに好意を持ち、君のそばにいたくなり、君のために何かしたいと思ってくれる人に出会うだろう
    4. 共に鍛え、共に喜び、共に笑い、共に泣く、いついかなる時も決して裏切ることのない唯一無二の親友、それが筋肉さ
    5. 何のために強くなるか? それは自分に打ち勝つためであり、義を通すためであり、人を導くためである
  2. 忍耐力を高める名言
    1. 努力は必ず報われる。もし報われない努力があるのならば、それはまだ努力と呼べない
    2. 限界などない。停滞期があるだけだ。そこに留まってはいけない。それを超えて行くのだ
    3. 俺はいつもトレーニングが嫌いだ。でも、俺は、『やめるな。今苦しんで、残りの人生をチャンピオンとして生きろ』と言う
    4. たとえばカールを行い、完全に追い込めた、と満足しているところに、不審者がやってくる。 彼は銃をつきつけ、「まだまだ、あと2レップは出来るだろう。休んでないでカールを続けろ」と。どうするか? 恐らく命がけでカールを続けるはずだ。言われたとおりあと2レップを行うだろう
    5. 1千回と1千1回とでは天と地の隔たりがあった。 まさに最後の1回は全身全霊の限界力を振り絞った一発。 その前の1千回はこの1回のためのお膳立てに過ぎない。 最後の一発はその前の1千回に勝るとも劣らない価値がある
  3. モチベーションの上がる名言集まとめ

モチベーションがアップする名言集

筋トレの効果が出ないときは特にモチベーションが下がりますよね。
そんな時に覚えておきたいのがメンタル面でもポジティブになれるような名言です。

筋肉を鍛えることは、 いまや単なる趣味やレクリエーションではなく、『将来的に大きなリターンを生む自己投資』である

パーソナルトレーニンナーである山本ケイイチサンの言葉です。
山本さん自身、筋トレで自分に自己投資をしてきたので今があります。
筋トレの一番のリターンは健康であることですね。

挑戦すれば、成功もあれば失敗もあります。でも挑戦せずして成功はありません。何度も言いますが挑戦しないことには始まらないのです

元メジャーリーガーの野茂英雄さんの名言です。
メジャーリーグへ行くこと自体が挑戦といえます。
筋トレもとにかく挑戦してみないとどうなるかわからないです。

君の体がよく鍛錬されていて、自分に自信があれば、君のことに好意を持ち、君のそばにいたくなり、君のために何かしたいと思ってくれる人に出会うだろう

シュワちゃんでおなじみの アーノルド・シュワルツェネッガーの言葉です。
シュワちゃんは俳優業だけでなくボディービルダーとしても活躍していますので、とても説得力のある言葉ですね。

共に鍛え、共に喜び、共に笑い、共に泣く、いついかなる時も決して裏切ることのない唯一無二の親友、それが筋肉さ

D.ブレーカーの言葉です。
苦しいつらい筋トレを一番に共にしているのが己の筋肉です。
頑張れば頑張るほど結果が出るということを再認識させられます。

何のために強くなるか? それは自分に打ち勝つためであり、義を通すためであり、人を導くためである

武道家である大山倍達の言葉です。
何のために、なぜ鍛えるのかを再認識させられる言葉です。
信念を曲げずに生き抜く姿勢がうかがえます。

忍耐力を高める名言

筋トレを継続させるのは忍耐力です。
どんなときでもくじけないメンタルになる名言を集めました。

努力は必ず報われる。もし報われない努力があるのならば、それはまだ努力と呼べない

世界の王と呼ばれる王貞治さんの言葉です。
王さんが獲得した通産868本のホームランという栄光は、努力と忍耐のもとにあったのです。
筋トレもかっこいい筋肉のためには苦しい筋トレを成果が出るまで続ける必要があります。

限界などない。停滞期があるだけだ。そこに留まってはいけない。それを超えて行くのだ

武闘家またアクション俳優としてかつやくしたブルース・リーの言葉です
筋トレの成果が出ないときに一番辞めたくなってしまいますが、それは停滞期であり、停滞期というのはとどまるものではなく前に進むためにあるものです。
成果が出なくて落ち込んでいるときに思い出したい名言です。

俺はいつもトレーニングが嫌いだ。でも、俺は、『やめるな。今苦しんで、残りの人生をチャンピオンとして生きろ』と言う

ボクサーで有名なモハメド・アリの言葉です。
世界一のモハメド・アリですら筋トレを継続して行うのは難しいです。
しかし、苦しい時期を乗り越えて栄光を手にしたのです。

たとえばカールを行い、完全に追い込めた、と満足しているところに、不審者がやってくる。 彼は銃をつきつけ、「まだまだ、あと2レップは出来るだろう。休んでないでカールを続けろ」と。どうするか? 恐らく命がけでカールを続けるはずだ。言われたとおりあと2レップを行うだろう

ボディービルダーのドリアン・イェーツ のことばです。
自分では限界と思っていてもまだまだやれる時があります。
余裕を残さずに全力でやることが大切です。
つらいトレーニングをしていてもいつもよりもう少し頑張ろうと思える名言です。

1千回と1千1回とでは天と地の隔たりがあった。 まさに最後の1回は全身全霊の限界力を振り絞った一発。 その前の1千回はこの1回のためのお膳立てに過ぎない。 最後の一発はその前の1千回に勝るとも劣らない価値がある

ボディービルダーのマッスル北村さんの言葉です。
筋トレはしんどくてもつらくても継続することが大切であると再認識させられる名言です。

モチベーションの上がる名言集まとめ

筋トレは日々の積み重ねが大切ですが、どうしてもくじけてしまうときが出てきます。
そんなときに、同じような場面でくじけそうになった有名人の言葉を思い出してください・
言葉を励みにさらなる飛躍を目指し筋トレを頑張りましょう。

コメント