ヨガと筋トレ!効果的なダイエット方法とは?

ダイエットをしている女性で一度はやったことはあるであろうヨガ。
人によっては自宅でやっていたり、資格を取るような人もいます。
そのヨガと筋トレを組み合わせることで女性らしいしなやかな体作りができます。
今回は、その方法について紹介していきます。

筋トレとヨガについて

まず、筋トレについてですが、筋トレは無酸素運動という部類で筋肉を作るエネルギーを酸素なしでも生み出すことのできる運動のことです。
酸素を必要としませんが、その代わりに自分が蓄えている脂肪や筋肉を消費します。
筋トレは体重を落とすことを目的にすると難しく、むしろ増えてしまう場合があります。
というのも、筋肉がつくことで体重が増えるからです。
しかし、筋肉がつくと余分な脂肪が燃焼されていきますので引き締まった体を目指すことができます。
これとは反対にヨガは有酸素運動と呼ばれる部類に入っており、酸素を体中に取り込むことで脂肪を燃焼させます。
ジョギングやウォーキング、水泳などもこの部類に入ります。
体重を落とすというダイエットが目的であれば、この有酸素運動が有効な手段です。
有酸素運動は酸素を取り込み体の中にある糖分を燃やします。
最初は食事で摂った糖分を消費していきますが、なくなると今度は蓄積されている糖分を燃やし始めます。
これが始まるまでに有酸素運動を始めて20分以上かかります。
特にヨガは呼吸がカギになってくる有酸素運動です。
呼吸がしっかり行われないとヨガの効果はないといわれるくらい呼吸が大切です。

ヨガをするメリット

ヨガはダイエットに効果的な有酸素運動で様々なメリットがあります。

①インナーマッスルを鍛える

ヨガを行うと歪んでいた骨盤が矯正されます。
それにより、骨の位置が戻り筋肉や内臓も正しい位置に戻ります。
そのうえで筋肉を動かすとインナーマッスルも正常に動かされるので日常生活でも鍛えることができます。
また、ヨガのポーズ自体インナーマッスルを鍛えるようなポーズが多いです。

②代謝が上がる

人間は日常生活を営むだけでもエネルギーを消費しています。
これを基礎代謝と呼びます。
この基礎代謝がよくなると、日常生活で消費されるカロリーが増えて蓄積された脂肪が消費されます。
そのうえで筋トレを行うともっと脂肪が燃焼されるわけです。
ヨガをやることで痩せやすい体が手に入ります。

筋トレとヨガの順番について

筋トレとヨガの性質がわかったところで順番について説明します。

①準備体操はヨガ

準備体操にヨガを行うことで体の筋肉がほぐれます。
また、関節や筋肉が緩まっているので筋トレを行った際にスムーズに動くことができます。
これでけがをする心配もありません。

②筋トレを行う

ヨガのあとで筋トレを行います。
筋トレは成長ホルモンを分泌させるので筋肉を育てることができます。

③最後にヨガを行う

またヨガ?と思われそうですが、上記にもあったように体は20分以上の有酸素運動を行わないと脂肪を燃やしてくれませんので、ヨガでさらに脂肪燃焼を促します。
また、筋トレで成長ホルモンが出ているので、より脂肪が燃えやすい体になっています。
きついポーズをするのではなく、クールダウンがてら伸びの多いポーズを行ってください。

ヨガのための筋トレ方法

ヨガの後にどんな筋トレを行うとより効果的に痩せられるのでしょうか。

プランク

https://www.youtube.com/watch?v=nn9aFdVJL4w
インナーマッスルを鍛えるヨガをさらに脂肪燃焼を加速させるためにプランクで腹筋を鍛えましょう。

スクワット

https://www.youtube.com/watch?v=kwm4VoSRFyc
ヨガはバランスをとったりするポーズが多いのでよく下半身を使います。
下半身は全身の筋肉の7割といわれているので鍛えてよりたくさんの脂肪を燃焼させましょう。

腕立て伏せ

https://www.youtube.com/watch?v=NLVqfH3HYVQ
腕の筋肉はもちろん背筋の筋肉も鍛えて全方位抜かりなく鍛えましょう。

ヨガと筋トレのまとめ

いかがでしたか。
ヨガを行っているとき、ゆっくりとした動作ではあるものの実はたくさんの汗をかいています。
水分補給をしっかり行いましょう。
また、筋トレ後はプロテインを摂取して筋肉を育てましょう。
脂肪燃焼が高まっているときですので食事に関しては特に注意しましょう。
ヨガと筋トレで女性らしいしなやかな体つくりを目指しましょう。

コメント