水泳と筋トレについて

筋トレと有酸素運動は大切ですが有酸素運動の一環として水泳を取り入れると全身をバランスよく鍛えることができます。
また、長距離を泳ぐと脂肪燃焼の効果もあります。
今回は筋トレと水泳の関係について紹介します。

筋トレと一緒に水泳を行うメリット

筋トレと合わせて水泳をメリットはどんなことがあるのでしょうか。

①全体的に体が引き締まる

水圧が体に負荷をかけるので水泳をすると全身がバランスよく鍛えられます。
水泳選手も体が引き締まっている人多いですよね。
同じ運動をするにしても水中でするほうが負荷がかかります。
しかし、筋トレほど筋肉を大きくする効果はないので筋トレと合わせることで筋肉を育てつつ無駄な脂肪を落としてくれます。

②コリや腰痛が改善する

水泳をするとコリや腰痛が改善します。
水中にいることで浮力で体が軽くなり筋肉の緊張が緩和されます。
腕を回して泳いだり足を使って前に進むので普段使わない筋肉を使う機会が増えます。
そのため、血流がよくなりコリや腰痛の改善になります。

③心肺機能が強くなる

心肺機能とは体中に血液と酸素を送り出す動きのことです。
心肺機能が強くなると日常生活でも元気になり、基礎代謝もあがるのでカロリー消費を手伝います。

④自律神経が整う

実は、水の中に入るだけで血流がよくなるのです。
というのも、水圧により末端の血液が心臓に戻るのをアシストしてくれます。
そうすることで、リラックス効果が高まり疲れをとることができます。

⑤ランニングと同じ消費カロリー

水泳はカロリーを消費するのであれば効率のいい運動とも言えます。
水圧がインナーマッスルを刺激してくれて、浮力によって体に負担をかけずに運動できるからです。
ジョギングを1時間するのと1時間ゆっくりクロールで泳ぐのは同じ効果があります。

水泳の効果を引き出す筋トレ方法

ただ泳ぐのではなく筋トレと合わせることでより効果を高めます。
筋トレをしてから水泳をすることで筋肉に刺激を与えて脂肪が燃える状態にしてから、さらに水泳で全身のカロリー消費を狙います。
水泳前にどこを鍛えればいいのでしょうか。

①腕立て伏せ

https://www.youtube.com/watch?v=WndOChZSjTk
水泳は腕をよく使うので背筋や腕を鍛えられる腕立て伏せがおすすめです。

②腹筋(クランチ)

https://www.youtube.com/watch?v=jO5j5GkIKN8
水中で泳ぐ際にはバランスをとるためにインナーマッスルを使うので、腹筋で鍛えておくとより効果が高まるでしょう。

③スクワット

https://www.youtube.com/watch?v=2FPSR_tOCbU
水泳は足をばたつかせたりや蹴ることで前に進みます。
スクワットで太ももやふくらはぎ、インナーマッスルを鍛えることができます。

水泳と筋トレのまとめ

いかがでしたか。
今回は、筋トレと水泳の関係について紹介しました。
筋トレで筋肉の肥大化を狙い、水泳で全身の筋肉を落として理想的な体型を手に入れましょう。
また、泳ぐのが苦手な人は水の中で歩いたり運動するだけでも地上でする以上の効果が得られます。
水の中が怖い人もまずは、水になれることから始めてみましょう!

コメント