忙しい人のための筋トレ方法

毎日毎日、仕事が忙しくて筋トレをする時間が取れない人は多いのではないでしょうか。
筋トレをするために、寝不足でもする?それともあきらめる?
今回は、そんな忙しい人のためのおすすめ筋トレ方法です。

忙しくても筋トレをする方法

筋トレをするためにはたとえどんなに短くても時間の確保をすることです。
例えば、タバコ休憩の時、トイレに行くとき、通勤中など・・・。
スキマ時間を見つけて有効活用しましょう。
それだけでも、ムキムキのマッチョは難しくても引き締まった体を目指すことはできます。
まずは、スキマ時間を確保して筋トレをするくせを付けましょう。
空いた時間にケータイをいじったりゲームをするよりは体のために筋トレを行いましょう。
また、筋トレをする際は腹式呼吸を意識して効果的に筋トレしましょう。

忙しい人のための筋トレ方法

忙しい人にはどんな筋トレが向いているのでしょうか。
5~10分でできる場所を選ばない筋トレ方法を紹介します。

①スクワット

人間の筋肉はほとんど下半身に集まっており、筋肉全体の7割が下半身の筋肉といっても過言ではありません。
そのため、一番効果的なスクワットをお勧めします。
トイレの個室や人気のない階段などでもできます。
最低でも30回、可能であれば時間と体が許す限り限界まで挑みましょう。

②壁腕立て伏せ

腕立て伏せは上半身の大半を鍛えることのできる筋トレ方法です。
こちら、床に伏せることは難しいと思うので、壁を床代わりにして自分の体重をおもりにして腕立て伏せをします

③足上げ腹筋

トイレに座りながら会議室の椅子に座りながら階段に座りながら行える筋トレです。
インナーマッスルを鍛えるのでポッコリお腹を引き締めてくれます

④腹筋ローラー

忙しい人のためのお役立ちアイテム、それが腹筋ローラーです。
短時間でも腹筋をばきばきにしてくれます。
安いもので1000円きるものもあるので、腹筋を手っ取り早く鍛えたい人にはお勧めです。

忙しい人の筋トレまとめ

いかがでしたか。
今回は、忙しい人のために筋トレ方法を紹介いたしました。
忙しいを言い訳にだらしない体になっていませんか。
忙しくてもスキマ時間を見つけて筋トレをして引き締まった体を目指しましょう。

コメント