アンダーカロリーで筋トレをして痩せる方法

筋トレでダイエットをしている人々にとっては食事制限というのが大切になってきます。
カロリー摂取と言うのはアンダーカロリーと方がカロリーというのがあります。
アンダーカロリーと言うのは必要最低限のカロリーを摂取することでオーバーカロリーと言うのは文字通り必要以上のカロリーを摂取すると言うことです。
今回はアンダーカロリーで筋トレをしているけれども痩せれることが難アンダーカロリーと言うのは必要最低限のカロリーを摂取することでオーバーカロリーと言うのは文字通り必要以上のカロリーを摂取すると言うことです。
今回はアンダーカロリーで筋トレをしているけれども痩せることができない人のための解説をしていきます。

アンダーカロリーとは

対象と言うのはエネルギーが余分に余ってしまったので蓄えられています。
しかしエネルギーが余っているからといって食事から十分な栄養が摂取されている状態と言うわけではありません。
またカロリーと言うのはカロリー不足の状態になることで脂肪が燃焼してエネルギーに変わります。
そのため痩せながら権力を残すということがアンダーカロリーの定理と言うことになります。
1番理想的なのは痩せながら筋肉を作ることですしかしアンダーカロリーで痩せると言うことになると難しいことになっていきます。
なぜならアンダーカロリーでありながら体重を落としているのは同時に筋肉落とすことになります。
カロリーが不足していると体はできるだけ消費カロリーを抑えようとします。
その結果、筋肉が減らされていきます。
また糖質を摂取しないことでエネルギーを作り出すことができず筋肉を分解して糖質を作り出そうとする動きが始まります。
体内の糖質が足りなくなってしまうと脂肪をエネルギーに変えることすらできなくなってしまいます。

痩せながら筋肉をつけるために

 

①食事の回数を増やす

痩せながら筋肉をつけるためにはカロリーの摂取方法を買います。
1日に同じカロリーを消費する場合でも食事量を減らす食事階層増やしたほうが自然と原料につながります。
食事の回数を減らすと次の食事まで時間が空いてしまうので、脳が危険を感じて必要以上のエネルギーを体に蓄えてしまいます。
さらに、脂肪減らすことより筋肉を減らす事を脳が判断してしまいます。
これは人間の防衛反応なのでどうしようもありません。
そのため食事の回数を代わりにして食事量を減らすことで安定的に栄養摂取することができます。
そうするとアンダーカロリーの状態でも脂肪を落としながらエネルギーを蓄えることができます。

②糖質を減らす

先ほども言い言ったように糖質を全く取らない状態も危険ですが糖質を減らす必要があります。
脂肪は余分なエネルギーなので優先的に使われますが、まず初めに使われるエネルギーが糖質です。
糖質が消費されないと余分である脂肪はエネルギーになりません。
そのため糖質の摂取を最低限にしておけば脂肪がエネルギーとして使われることが多くなります。
ただしハードな筋トレ前はエネルギーが必要となるので糖質を摂取しましょう。
筋トレの最中に糖質不足が起こるとパワーが発揮できなくなり筋トレに意味がなくなります。
糖質と言うのは、米はもちろん、麺やパンなども含まれます。

③タンパク質を摂取する

痩せながら筋肉をつけるためには避けて劣らない栄養分です。
タンパク質は肉や魚、卵、大豆製品などに多く含まれています。
タンパク質は脂肪に変わりにくいので休ながら筋肉をつけるには、都合の良い栄養分です。
タンパク質は脂肪のように体内に蓄えることができないのでこまめに摂取する必要があります。
またタンパク質を筋肉に変えやすくするビタミンBも積極的に摂るようにしましょう。
1日に必要なタンパク質を食物だけで補おうとするとかなりの量を食べなければなりません。
そこでプロテインを活用すると良いでしょう。

まとめ

いかがでしたか。
アンダーカロリーで体重を減らそうとすると摂取する食事や回数に気をつけなければなりません。
ボディービルダーのように引き締まった体を目指して頑張りましょう。

 

コメント