プロテインの飲み方について 

プロテインと聞くとアスリートやボディービルダーが愛用しているイメージではないですか?

最近では高齢者が健康のために飲んだり女性が美容のために飲んだりと幅広く利用されるようになりました。

プロテインには様々な種類があり、飲み方やタイミングによって効果が変わってきます。

今回はプロテインについて紹介していきます。

プロテインについて

プロテインというと、太るイメージを持たれている方が多いかもしれません。

プロテインが太る原因になることはほとんどありません。

ただ、プロテインの飲み方やカロリーを理解し食事量を調節することが必要となります。

①タンパク質量について

プロテインにはタンパク質が豊富に含まれています。

食事でもタンパク質を過剰に摂取してしまうことになります。

また、タンパク質を摂取すると同時に脂肪も摂取することになります。

そのため、食材を蒸したり煮たりすることで油を少なくし、脂肪をコントロールします。

②乳脂肪分について

プロテインを牛乳で飲む人も多いと思いますが、牛乳はカロリーが高いので、水で飲むことをおすすめします。

③糖質について

体重を増やすには糖質と脂質が大きく影響します。

プロテインにはエネルギー源となる脂質が含まれており、消費エネルギーと糖質量を考慮する必要があります。

糖質がプロテインに含まれている理由としては、筋トレを行うとエネルギーを消費します。

その際に糖質が少ないと体は筋肉のタンパク質。分解してエネルギーにしようとします。

目的によって糖質の摂取量も考えなければなりません。

飲み方について

①大豆プロテインを飲む

プロテインには植物性タンパク質である大豆のプロテインを選ぶことができます。

植物性のプロテインには大豆ペプチドという健康に良い栄養を摂取することができます。

動物性のプロテインだけでなく植物性のタンパク質も飲むことで健康にも気を使うことができます。

②こまめに摂る

タンパク質は一度に大量摂取しても体から出てしまいます。

タンパク質を摂取する場合は「20~25g程度を数回に分けて」摂取することが望ましいとされています。

筋トレ前後、食事のあとなど、分けて摂取できるようにし、1回で大量摂取してしまわないように気を付けましょう。

 

プロテインの飲み方について まとめ

 

いかがでしょうか。

プロテインは筋トレの強い味方ですが、プロテインにもカロリーはあります。

太る原因にならなくても、プロテインの役割や栄養素、飲み方について理解する必要はあります。

そうすることで、筋トレの強い味方になります。

自分のなりたい体型と向き合ってプロテインを摂取していきましょう。

コメント