見せるための肉体美を鍛えたい!

筋肉と言えばスポーツをする人のためのもののように聞こえますが服の上からわかるような見た目のかっこよさ美しさにも直結してきます。

今回は特に胸、肩、腕、腹筋をメインに筋肉をつける方法を紹介します。

筋トレするにあたって

見た目をかっこよく見せるために当たって大切なことが3つあります。

1.目標となる見た目の筋肉を設定する

まずは自分がどんな風に見られたいのかどういう風な筋肉を手に入れたいのか頃設定する必要があります。

また鍛えるにあたって自分に何が足りていないのか、どこの筋肉を鍛えなければならないのかを定期的に振り返ります。

2.太い筋肉を鍛える

かっこいい見た目の筋肉を手に入れるのであれば大きい筋肉を鍛えるのが1番手っ取り早いです。

大きい筋肉を鍛えると言うのはボディービルダーのような筋肉をイメージします。

この大きな筋肉を鍛えるためには大きな負荷をかけて10回程度行うことが大切です。

3.継続できる

筋トレは継続しなければ意味がありません。

筋肉は鍛え続けなければ落ちていってしまいます。

そのため無理せず継続して続けられるメニューが大切です。

実際の筋トレメニュー

腕を鍛える

  • 腕立て伏せ(10回× 3セット)
  • ダンベルフライ(10回× 3セット)
  • アームカール(10回× 3セット)
  • ダンベルキックバック(10回× 3セット)

肩を鍛える

  • ダンベルレイズ(10回×3セット)

腹筋を鍛える

  • 腹筋(可能な限り)
  • ニートゥーチェスト(可能な限り)

これらを曜日別に行いましょう。

見せるための肉体美を鍛えたい!まとめ

いかがでしたでしょうか。

見た目を重要とする筋肉を鍛えるのであれば細かい筋トレをする必要はありません。

大きな筋肉を鍛えてできるだけ早く理想の体型を手に入れましょう

コメント