筋力がない人や運動音痴な人の筋トレは?

元々、筋力の弱い方や運動音痴な方でもバキバキに割れた腹筋やもりもりの二の腕に憧れますよね。

筋トレをすることで少しでも苦手を克服したいけど、どうしたらいいかわからない方のために筋トレ方法を紹介いたします。

筋トレと運動音痴は関係あるのか

筋力の弱い方はさておき、運動音痴と筋トレは関係あるのでしょうか?

実は、筋トレに運動神経は関係ありません。

むしろ、どんなに運動神経が良くても正しいフォームで筋トレをする観察力と丁寧さがなければ意味のない筋トレになります。

むしろ運動音痴だからこそ慎重になりゆっくりと筋トレを行うことで意味のある筋トレになるのではないでしょうか。

筋トレ方法について

筋力の弱い方にやっていただきたい3つの筋トレがあります。

①レッグランジ

https://m.youtube.com/watch?v=WSS2e0m9W5Y

一見簡単そうですが地味に大変な筋トレです。

太ももの大きな筋肉を鍛える筋トレです。

膝がつま先より前に出ないように気をつけましょう。

10回×3セットを目安に頑張りましょう。

②腕立て伏せ

https://m.youtube.com/watch?v=mL8P0cjpnxA

腕も大きな筋肉の1つなので腕立て伏せはかかせません。

正しいフォームで行うのが辛い方は、膝をついてみたり壁に手をついて行う腕立て伏せもいいかもしれません。

10回×3セット頑張りましょう。

③スクワット

https://m.youtube.com/watch?v=2FPSR_tOCbU

筋トレの王道・スクワットです。

スクワット1つで腹筋、背筋、太ももと幅広い筋肉を鍛えることができます。

10回×3セットです。

筋力がない人や運動音痴な人の筋トレは?まとめ

いかがでしたか。

筋トレをすることで全ての運動の基礎になりますので、運動音痴を気にしている方には是非、やっていただきたいです。

なれてくれば機械などを使ってみて、さらに筋力アップを目指しましょう。

コメント