中学生にもおすすめ!筋トレ方法を紹介

ちょうど中学生から部活動が本格的になり、筋トレなどを行う機会が増えたのではないでしょうか。

しかし、筋トレは自己練習などで完結してしまう場合が多いので、あまり正しく指導をしてもらうことがないこともあります。

中学生は成長期の始まりでもあるので、体を壊さないように正しいフォームで行う必要があります。

正しい筋トレ方法を勉強しましょう。

おすすめの筋トレ方法

①スクワット(30回×3セット)

https://m.youtube.com/watch?v=XwER1C0XXXc

筋トレの王道、スクワットです。

動画を参考に正しいフォームで行なってください。

膝を痛めてしまうこともあるので、膝の向きを意識して行いましょう。

②腕立て伏せ(30回×3セット)

https://m.youtube.com/watch?v=kwzEcGuQY1o

腕を鍛えるための筋トレです。

きつく感じる方は膝をつけて行ってみましょう。

③懸垂(10回×3セット)

https://m.youtube.com/watch?v=-PK2XxoA8Wo

背中を鍛える筋トレです。

鉄棒がある学校も多くあるので、鍛えることができるのではないでしょうか。

④プランク(1分×3セット)

https://m.youtube.com/watch?v=nn9aFdVJL4w

腹筋を鍛えるための筋トレです。

注意点

①重いおもりはつけない

大人と違い中学生は、まだ筋肉や骨が未熟なため、重量のついた機械でトレーニングを行うと体痛めます。

ダンベルよりも自分の体の重さを利用した筋トレを行いましょう。

②全身の筋トレをする

ムキムキの腕に憧れて腕だけを鍛える人がいますが、バランスが悪くなるだけです。

全身の筋肉をまんべんなく鍛えることを意識しましょう。

③毎日、継続して行う

通常、筋トレは毎日鍛える箇所を変えながら毎日、行いますが、重量をつけた筋トレでらないので、毎日全身を、鍛えても問題はありません。

成果を早く出したい人は毎日行いましょう。
しかし、疲れている時や体調が良くない時は休むようにしましょう。

③食事と睡眠を取る

筋肉は筋トレだけではつきません。

筋肉を作るための栄養をとり、傷ついた筋肉を休ませるための休養が大切です。

3食きちんとバランスよく取り、自分に合った睡眠時間を取るようにしましょう。

中学生にもおすすめ!筋トレ方法まとめ

いかかでしたか。

中学生で筋トレをすると身長が伸びないという話がありますが、これは根も葉もない噂です。

気にせずに筋トレを行いましょう。

部活で活躍するために、毎日、継続して筋トレを行いましょう。

コメント