筋トレの効果を高めるための食事メニューとは?

体を鍛えるためには、筋トレだけでは良くありません。

体を作るためには毎日の食事が大切な鍵となります。

今回は、筋トレの効果を上げるための食事について紹介いたします。

どうして食事が筋トレの効果を高めるのか

体を鍛えるためにはエネルギーが必要となります。

人間は、自分でエネルギーを作り出すことができないので、日々の食事が大切となります。

特に筋肉は、タンパク質を必要なので、食事を通して摂取する必要があります。

また、食事制限をするとエネルギー不足になり、筋肉量が減ってしまいます。

筋肉量が減ってしまうと、せっかく筋トレをしても効果がなくなってしまいます。

どういった食事が効果的なのか

筋トレを行う人であればタンパク質を中心に摂取していく必要があります。

タンパク質は体重のおよそ1%が必要となります。

しかし、人間がいちどに吸収できるタンパク質はごくわずかなので、1日に3回の食事が必要となります。

それだけでは、タンパク質は十分に摂取することができないので、プロテインを飲むとより効率的にタンパク質を摂取できます。

またタンパク質を分解して筋肉にするためには炭水化物が必要となります。

毎回の食事で、バランスよく栄養を摂取する必要があります。

手軽に料理できるレシピ

鶏むね肉のサラダ

鶏むね肉とブロッコリーのチーズ蒸し 、 筋トレ食!
鶏むね肉とブロッコリーを使った簡単、美味しいレンジ蒸しです。鶏むね肉は皮を取り除いて一口大に切り、片栗粉、下味調味料、日本酒を揉み込みます。それをブロッコリーと一緒にレンジ蒸しし、仕上げにチーズを散らせばできあがり。筋トレ後の栄養補給にバッチリな料理です。

鶏むね肉は特にタンパク質が豊富なので、効率よく摂取することができます。

また、さっと茹でて冷凍保存することもできます。

野菜や豆腐などと合わせて美味しくいただきましょう。

鶏むね肉の照り焼き

鶏むね肉の生姜焼き 、 鶏むね肉をしっとり柔らかくするコツ
鶏むね肉を使った生姜焼きです。鶏むね肉を加熱しても固くならないよう、下処理してから焼きます。鶏むね肉がしっとり柔らかく仕上がります。生姜焼きのタレは豚肉で作るレシピと同じです。レシピは下のリンク先をご覧ください。

タンパク質が豊富な鶏むね肉の別のメニューです。

照り焼きのソースを保存することでいつでも簡単に作ることができます。

生姜を入れることで体を温めることもできます。

RitaE / Pixabay

牛丼の作り方(隠し味と肉を柔らかくするコツ) gyudon beef bowl
牛丼の作り方動画です。お求めやすい牛こま肉を使って作ります。牛こま肉は柔らかく仕上げるために砂糖と日本酒をまぶします。隠し味には味噌とマーマレードを使い、お手軽に美味しく仕上げました。テキストのレシピはブログをご覧ください。

意外に思われるかもしれませんが、牛丼は良い筋トレ食になります。

カロリーが気になる方はご飯を少なめにしましょう。

筋トレの効果を高めるための食事メニューとは?まとめ

いかがでしたでしょうか。

筋トレはメニューだけを気にするのではなく食事と一緒に意識する必要があります。

筋トレの効果をより効果的にするためには食事の内容に気を使いましょう。

食事も工夫しながら筋トレを続けていきましょう。

コメント