筋トレが辛い!と感じたら、やる気を出す方法。

筋トレを始めてから少し経って、やるのがしんどい。もうやめようかと諦めている人。

筋トレを続けていると誰しもが通る道。

それは、モチベーションの低下。

何かと理由を付けて筋トレをさぼろうとしてしまいます。

そのまま、やめてしまおうかと思っているかたいるのではないでしょうか。

今日はそんなやる気をなくした方のために、やる気の出る方法を書いていきます。

どうしてやる気が出なくなってしまうのか?

そもそも、どうしてやる気が出なくなってしまうのか。

それは脳の作りに関係してきます。

元々、脳は飽きやすくできています。

それは生きる上で「慣れ」ないと、命にかかわるからです。

昔の人が獲物を狩るときにいちいち、びびっていたら死んでしまうこともありますからね。

「飽きる」と聞くとよくないイメージですが「慣れる」と聞くと少しポジティブにも聞こえませんか。

めんどくさい作業も続けていくと脳が慣れていまい、めんどくさくなくなります。

新しい環境や新しい仕事は慣れてしまったほうが良い時もありますよね。

脳のしくみで飽きやすくなっているのであれば仕方ないですが、それでは筋トレは続きませんし筋肉も育ちません。

やる気を出すおすすめな方法

それでは、やる気を出すための方法をご紹介します。

①口実を作る

ジムで筋トレしている方には特に有効かもしれません。

とにかく、ジムに行く口実を作って来てしまい、そのついでに、筋トレもしていくという作戦です。

そして、いつもより軽めの重量や回数にしてみてフォームの確認をすることに重きを置いてみるといいでしょう。

来てよかったと達成感も得られるはずです。

②パーソナルトレーニングを受ける

筋トレを続けていてもあまり効果が見られないときは特にモチベーションが下がります。

それh、フォームや自分に合った重さを理解していないからかもしれません。

ジムに通っている方は、期間限定でパーソナルトレーニングを受けてみるといいかもしれません。

少々値段は高くなりますが、フォームの改善などやはりプロに見てもらうことで意識する点が出てきて、モチベーションも上がります。

値段も安くないので、無駄にしたくないと頑張りますよね。

ジムによっては、1回から受けることができるので、ジムに行きたくない日こそ、お気に入りのトレーナーさんのパーソナルトレーニングを受けて、モチベーションを上げましょう。

③YouTubeを見る

これは自宅で筋トレをする人にもできることです。

自分の知らない筋トレ方法を見て実際にやってみるのもいいですね。

筋トレの解説がされている動画もいいですが、一般人はもちろん有名人やあこがれの人が筋トレしている動画もモチベーションは上がります。

最近だとNHKで筋トレの番組が話題になりましたね。

【みんなで筋肉体操】腕立て伏せ ~ 厚い胸板をつくる
【みんなで筋肉体操】 【第2弾】筋肉体操 練習直後の3人にインタビュー 今回は厚い胸板をつくる「腕立て伏せ」。Tシャツの似合う厚い胸板を作ることがで...

人が頑張っている姿は、刺激になります。

④ご褒美を準備する

一番単純ですが、一番効果があるのではないでしょうか。

たまには、ご褒美にケーキもいいですが、ここも筋肉につなげたいところです。

例えば、「高めのプロテインを飲む」「ステーキを思い切り食べる」など。

筋肉にいいことをご褒美を設けてみましょう。

⑤妄想する

これは、手軽だし無料でできる方法ですね。

「あのアイドルみたいな体型になりたい」「異性からモテたい」「大会で勝ちたい」など。

妄想して、ライバルを立ててみると不思議と「負けるか」と思うのが人間です。

「腹筋50回出来たら、モテる!」などなんの根拠もない制限を設けてみると案外やってしまいます。

くれぐれも無理のない範囲で行いましょう。

筋トレが辛い!と感じたら、やる気を出す方法まとめ

いかがでしょうか。

筋トレのモチベーションを上げるのは、脳の構造上、難しいことではあります。

それでも、せっかく今まで続けてきたことを途中で終わらせてしまってはもったいないです。

育った筋肉も悲しみます。

一度、乗り越えてしまうと習慣化してくるので、そこまできつく感じることはなくなります。

自分ならではのモチベーションの上げ方を考えてみましょう。

コメント