筋トレで落とすのが難しい皮下脂肪とおさらばしよう!

運動してもなかなか減ることのない、お腹周りの脂肪・・・

運動や食事制限をしてみても、一向に変わる様子のないお腹周りの脂肪にうんざりしていませんか?

実は、指でつまめるその脂肪は「皮下脂肪」と呼ばれるものです。

コツさえつかめば、皮下脂肪もスルスルと減っていきますよ!

今回は、憎き皮下脂肪を落とす方法を紹介していきます。

皮下脂肪とは?

皮下脂肪とは、文字の通り皮膚の下につく脂肪のことを指します。

皮膚の下だったら見えないのではと思われますが、お腹や二の腕、太ももや背中につまめるお肉があれば、それが皮下脂肪です。

皮下脂肪がつく理由

皮下脂肪はなぜ、ついてしまうのでしょうか。

それは様々な原因が関係しています。

原因①代謝が悪い

皮下脂肪は他の脂肪に比べて燃焼しにくい脂肪といえます。

女性の場合は特に、女性ホルモンの影響で皮下脂肪がつきやすい体になります。

思春期から女性の体に丸みをおびるのは、このためなんですね。

皮下脂肪は、比較的付きにくい脂肪ではありますが、ついてしまうと落とすのが一番厄介な脂肪であります。

原因②暴食暴飲

皆さんも想像しやすいかと思いますが、暴食暴飲が一番の原因となります。

炭水化物の摂りすぎや糖分の多い飲み物の摂りすぎは注意しないければなりません。

過度な食事制限は必要ありませんが、バランスの取れた食事を心がける必要があります。

原因③運動不足

言わずもがな、運動をしていないと脂肪が燃えることはありません。

運動せずに食べるだけだと、皮下脂肪ではなくとも太ります。

運動は定を期的に行うことで皮下脂肪の増加を止めましょう。

筋トレで皮下脂肪を落とす方法

それでは、皮下脂肪を落とすためには、どんな筋トレが効果的なのでしょうか。

スクワット

スクワットは下半身全体の筋肉を鍛えるので、皮下脂肪の付きやすい下半身にはうってつけの筋トレです。

ただし、スクワットは全体の正しい姿勢で行わないと、腰を痛めてしまったり、効果のないものになってしまうので、正しい姿勢を意識して行いましょう。

正しいスクワットのやり方

YouTube

プランク

ヨガのポーズとしてみたことある人もいるのではないでしょうか。
見た目以上にきついのがプランクです。
初めから長時間するのではなく、「ちょっとしんどいな」と思うところでやめましょう。
正しいプランクのやり方
プランク4種目!正しいプランクのやり方で腹筋を割ろう!
プロテインやサプリメントを特別価格で買いたい人はこちら→ さらにInstagramで musclewatching に「超激安コードください」とメッセージをくれた方には超激安で買える特別コードをお渡しします!何を買ったら良いのか分からない人にもアドバイス致します! ht...

クランチ

普通の腹筋ではなく、皮下脂肪のたまりやすいぽっこりお腹に意識したクランチ。
床に対して太ももは垂直に、ふくらはぎは平行になるように意識しましょう。
正しいクランチのやり方

レッグレイズ

一番、皮下脂肪の付きやすい下腹部に効く筋トレです。
しかし、正しいやり方を行わないとすぐに腰を痛めてしまいます。
初心者の方は、膝を曲げて行うと無理なくできると思います。
レッグレイズの正しいやり方

筋トレで落とすのが難しい皮下脂肪とおさらばしよう!まとめ

皮下脂肪は、食事制限ややみくもに筋トレを行うだけでは効きにくいので、痩せたい場所に合わせた筋トレが必要です。

皮下脂肪の付きやすい下腹部を鍛える筋トレは、腰を痛めやすいので、無理せず、正しいフォームで行いましょう。

筋トレで皮下脂肪とおさらばしましょう。

コメント